空室対策をしよう|入居率をアップして安定収入を得る

ビルの模型
マンション

民泊の効率的な運用

一般の賃貸よりも高い利益率を期待できるairbnbの民泊ビジネスは、都心部ではすでに多くの登録物件があり飽和状態となります。その中で稼働率を高めるために、まず代行業者を利用して海外の旅行客に喜ばれる内装とすることが挙げられます。

もっと読む

笑顔の男性

成功するセミナーの選び方

マンション経営をするためにはノウハウが必要です。そのために有効なのが不動産投資セミナーへの参加です。無料と有料がありますが、無料の場合は不動産会社の物件情報を集めるために利用します。有料の場合は経済状況や不動産市況の今後を知るために参加します。有名なゲスト講師の講演があるセミナーがおすすめです。

もっと読む

入居率の維持に必要なこと

集合住宅

需要のある物件を実現する

アパートやマンション、一戸建てなど、住む場所の選択肢は豊富にあるため、顧客は自身の希望条件に合う物件をじっくり検討できる環境となっています。顧客にとって魅力的な環境は、物件の大家にとっても魅力的な環境とは限りません。そのため、満室にならない物件や入居者よりも空室の方が多い物件は、これからさらに増える可能性はあります。しかし、大家が空室対策をしっかり検討し、実行すれば空室の増加を食い止めることができます。空室対策を実施する際、重要なのはなぜ空室が増加しているのか原因を明確にすることです。原因が曖昧な状況では、本当に必要な空室対策を実施していない可能性があるからです。空室対策によって需要のある物件を実現できれば、高い入居率を維持可能です。

入居者の不満や要望を知る

空室対策として可能なことは色々あります。たとえば、現状よりも家賃を下げることです。家賃は入居者が住み続ける限り毎月支払いを行う固定費です。数万円や数十万円という金額になるため、家計の中では大きな支出なので、家賃を下げることは入居者を増やすために有効ですが、大家としての収入は減少します。家賃を下げるのは大家として負担が大きいので、小さい負担で済む空室対策を検討することが大切です。また、大家の方から考えられる空室対策には限度があるので、入居者にアンケートを実施する方法も有効です。入居者へのアンケートは、どのような不満や要望があるのかを短期間で簡単に知ることができます。全ての不満や要望を満たすのは難しいですが、可能なことから始めるのが重要です。

握手

高齢化社会に必須の制度

家賃保証は今後も利用が増え続けると予想されています。その理由は高齢化社会が続き高齢者の賃貸暮らしが増えると、保証人を見つけるのが難しくなるためです。家賃保証の特徴として、居住用の物件だけでなく、オフィスや店舗など賃貸物件ならどれでも家賃保証が受けられることがあげられます。

もっと読む