空室対策をしよう|入居率をアップして安定収入を得る

つみ木の家

高齢化社会に必須の制度

握手

今後も利用が拡大する

家賃保証はリーマン・ショック依頼、急速に不動産業界に普及しました。不動産業界では今後も利用されるシーンが広がっていくと見られています。その理由として、高齢化社会や晩婚化・非婚化による一人暮らし世帯の増加があげられます。高齢者の一人暮らし世帯が賃貸住宅を借りるときに問題となるのが、連帯保証人問題です。年齢が高くなるにつれて、保証人を見つけるのが難しくなり、賃貸住宅を借りたくても借りれないというケースが発生してしまいます。若いときは親や親戚などに保証人を頼めばよいのですが、高齢者は既に家族が死亡しており、親しい人がほとんどいないということも珍しくはありません。そのため、第三者が家賃保証をしてくれる家賃債務保証サービスは、高齢化社会が進行するにつれてますます利用されるようになるでしょう。

色々な物件で利用できる

家賃保証の対象となる不動産は、何もマンションやアパートなどの居住用物件だけではありません。企業や個人事業主がオフィスとして借りている部屋も、家賃保証の対象となります。家賃保証サービスは個人であっても、企業などの法人であっても利用できるので、事業用として使用する物件について、家賃保証を受けることになっても何ら問題となりません。オフィスのほか、店舗やショールーム、そして駐車場や倉庫などの家賃も保証されます。最近では、利用が広がっているトランクルームの賃料に対しても、家賃保証を行なう会社が増えてきました。申し込みを行なうと、契約上の保証開始日から、その物件から退去して引き渡しが完了するまでの間ずっと保証を受けられます。もちろん、既に入居済みの物件であっても家賃保証を受けることができます。