空室対策をしよう|入居率をアップして安定収入を得る

つみ木の家

民泊の効率的な運用

マンション

airbnbによる民泊ビジネスが人気を集めています。海外からの旅行客が増加傾向にあることを受けて、東京ではすでにかなりの登録物件があります。その中でも多くの旅行客から支持される人気の物件には特徴があります。そもそもairbnbの提供する宿泊施設は、現地の空地を感じられる家です。わざわざその土地ならではの家に泊まることを楽しみにしているわけです。そこで、airbnbの代行サービスでも専属のインテリアデザイナーが、旅行客好みの内装を提案しています。人気の高い物件は、そのような滞在する楽しさを提供できるのが特徴として見られます。このような物件は、たとえ駅から遠い不便な場所でも、わざわざ泊まりに来てくれるわけです。

民泊ビジネスで大切なことは、部屋の稼働率を高めることです。目安として月の半分の稼働率でも、一般の賃貸の倍以上の利益があると言われます。さらに稼働率を高めれば、かなりの収入を得られるようになります。ただし代行サービスを利用すれば、売り上げの20〜30%は代行料金として支払う必要があります。そこで、まずはその代行料金が安いところを選ぶのがポイントです。さらに稼働率を高める工夫として、利用者から良いコメントのレビューを貰えるようなサービスを心掛けることが必要です。例えば駅から遠い物件ならば自転車のレンタルサービスを用意したり、ポケットWi-Fiを用意するのも喜ばれます。またairbnbの中国や台湾などのサイトに登録するのも有効です。